しょんぼり技術メモ

まいにちがしょんぼり

在宅医療を少しだけ改善する小物を3DプリンタとTPUフィラメントで作った

3DプリンタFusion360のおかげで「あー、こんなの欲しいかもなー」と思ったらちゃちゃっと作って試せるのでとても便利。

カニューレコネクタのキャップ

うちの子は人工呼吸器を使っていて、カニューレ(気管に入っている管)と呼吸器を繋ぐアダプタはインターサージカル社の3535000を使っている。このコネクタにはカテーテル等を通すための穴と塞ぐためのキャップがついているが、アールのついた三角形なので、子供の姿勢によっては胸に刺さってしまうので困っていた。

f:id:syonbori_tech:20190309150009j:plain

ので、この部分に付けるキャップをTPUフィラメントで作った。エッジをフィレットするだけでも効果はありそうだけど、TPUだとぶにょぶにょ柔らかいのでより安全な感じ。

f:id:syonbori_tech:20190309150028j:plain

ただ差し込むだけだけど、それなりの深さがあるので今のところ自然にすっぽ抜けることはない。サチュレーション下がってテンパってるとたまに引っ掛けて外しちゃうことがあるけど。

www.thingiverse.com

ベビーベッドのキャスター受け皿

で、この子を寝かせているベビーベッドはコルクマットの上に置いているんだけど、マットの切れ目のところにキャスターが来ていて少しずつめり込んでしまい困っていた。ので受け皿を作った。 市販品だとあまりフットプリントが大きくなくて効果が薄そうだったので、10cm四方で接地するようにした。 また、ケアの都合上、前後左右に結構な力がかかるので、飛び出さないように壁も高めに。

こういったカスタマイズが自由自在なのもDIYのメリット。

f:id:syonbori_tech:20190309145424j:plain

これもTPUフィラメントで。とはいえべにょべにょに沈んでは困るので、Infillを35%、Cubic Subdivisionに設定。1個の出力に8時間ぐらいかかるけど、上からの力に強い感じに仕上がった。

4つ作ってから気付いたけど、頭側の高さを少し高くするようにしておいた方が都合が良かったな。。。

www.thingiverse.com

買って良かった3Dプリンタ